距話§一日一万歩への道程

一万歩とかを歩こうとすると、どうしても土日に限られてしまうのが
難点で、平日は6000歩がせいぜい。

今の季節であれば、歩いていて汗ばむ気温でもないので、遅い午後に
買い物がてら歩きやすい靴で、適当にぐるりと一回りしてみる。

いったいどれくらい歩いたら一万歩になるものかと、大雑把にあたり
をつけて歩き始めた。我が地域は適度な起伏があり、車道と歩道が良
好に分離していることと、遊歩道も整備されているので、どこを歩い
ても快適な並木道だし、時には公園にでくわしたりするのである。

これまで、歩くことに無関心でいたことが恨まれるような周辺環境だ
ったことに改めて気づかされる。この日に設定したコースには、小公
園が1つか2つ、中公園が2つか3つ、そして野球場を含んだ雑木林
の大公園まである。

ゆっくり歩いても効果はないと言われているので、そこそこの速度で
淡々と歩みを進める。日曜日も遅い午後となれば、公園で遊ぶ人も、
あるいは散歩をする人に出会うことも少ない。

20分ちょっと歩くと、ほぼ中間地点の野球場が見えてくる。ナイター
設備もあって、夏の甲子園野球の予選会場でもある。

球場をぐるりと回って歩道に出た先に、天然酵母パンの店が見えたの
で覗いて見ると、夕方なので店頭に並ぶパンの種類も少なかったが、
朝食用のロールパンなどを仕入れて再び歩く。単に歩くだけではなく
途中に何かアクセントがあると、次に歩く時の目標になるだろう。

というわけで1時間半とちょっと歩いた。歩数はほぼ一万歩で、歩行
距離を測定したら6400mくらいだった。これで一万歩の実際がつかめ
たような気がする。あとはせいぜい歩くしかない。

ただ歩いていて何かが足りないことに気づいた。……そう、ミュンヘ
ンあたりにある森の中のビアガーデンなのだ(爆)。ああいう存在こそ
歩く時の“励み”になるんだがなあ……(汗)。

《ドイツビールのトピックス一覧》

この記事へのコメント

2008年03月25日 07:18
>これまで、歩くことに無関心でいたことが恨まれるような周辺環境だったことに改めて気づかされる。

わたしもこれはよく経験します。歩く楽しみの一つですね。

>森の中のビアガーデン
へへへ、御意、励みになります。
2008年03月25日 12:16
“励み”になる存在がないわけでは
ありませんが、とんかつ屋でビール
ってのは、あまり“励み”とは言え
ないかも(汗)。

この記事へのトラックバック