謎話§それにしても 医者は どこへ行った?

日本全国に大学の医学課程は、約80存在している。定員はどこでもお
よそ100名といったところだろうから、毎年約8000人の医者が誕生
しているという単純計算になる。

仮に様々な事情(死亡するとか老齢化だとか……)で年間4000人が医者
をやめているとしても、医師数は増えているというのが素人の見立て
ではあるのだが……。

にもかかわらず、恒常的な“医師不足”状態が継続中で、報道を見て
いると状況は好転しているどころか、救急医療の診療拒否のような形
などで問題が噴出してきている。それにしても……

お医者さんはどこへ行った?

……と一般人は不思議に思うのである。

そんなことを考えていると、この国は一体で誰に対して利を得させよ
うとしているのだろうかと首をひねるばかりである。

【去年の今日】敲話§である調とですます調

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック