ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 飛話§通過しただけの国とか地域[上]

<<   作成日時 : 2008/04/15 12:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

そりゃあ領空も通過したっていうのならまだまだあるだろうが……。

空港内まで入ったものの入国には至らなかったのが、旧ソ連、香港、
アメリカ(アンカレジ)。着陸はしたが機内待機で出られなかったのが
パキスタン(カラチ)、ギリシャ(アテネ)である。

以上は、いわゆるトランジットというもので、直行便のなかった時代
給油や補給、あるいは客の乗降とかで1時間〜2時間待たされたりし
たのだった。

旧ソ連、シェレメチェヴォ空港の待合室に入るのに、愛想のかけらも
ない仏頂面をした係員からトランジットカードとかを渡されて、寒々
としたホールで出発のアナウンスを待つのである。

売店もあって商品もそれなりに置かれてはいたが、目にしたのはマト
リョーショカ人形とかキャビア、それに毛皮の防寒帽みたいなものが
素っ気なく並んでいた程度。社会主義国のお約束で領空内も空港内も
撮影は厳禁だったのだ。

買い物する気もなく再搭乗までにしたことといえばトイレで用足しし
たことくらい。ついでに、その当時悪評が高かった“ソ連のトイレッ
トペーパー”を記念に20cmほどいただいてきたが、巷間言われるほど
ひどい品質ではなかった。外国人客に見栄を張っていたのだろうか?
                            [続く]

《海外旅行のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
飛話§通過しただけの国とか地域[上] ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる