週話§連休短信~蕎麦屋~二日目(04/30)

4月最後の日、ようやく半袖を着た。相変わらず紗がかかったような
青空は爽快感からは程遠く、どこか焦らされているような気もする。

昼過ぎ、都心に用事のある同居人を見送り、簡単に家の中を片付けを
する。2時間遅れで新宿に向かい合流。連休谷間のデパートを冷やか
す。伊勢丹では“フランス展”が賑わいを見せていたが、個々の品物
に興味がないわけではないのに、まとまって展開されたらとたんに興
味が薄れてしまうというのはどういう理由なのだろう。地下で新茶と
生ハムを買った。

夕食はと考えた結果、電車でいつもの蕎麦屋に行く。皮はぎの刺身、
できたて豆腐、ヱビス生2杯と日本酒二合(天狗舞“柔”と黒龍)少し
欠けるくらい。頼んだ蕎麦は粗挽き細打ちを大盛で、それに天麩羅を
二人で分ける。大満足して帰宅。

駅から家までは歩いたので、これだけで2000歩を稼いだ。……まあ、
6000歩というところか。
                            [続く]

【去年の今日】金話§ゴールデンウィーク三日目(04/30)

この記事へのコメント

2008年05月01日 20:02
HIDAMARI さんのお宅から駅まで2000歩ということは、 Nationaltheater から Max-Weber-Platz 、 Nationaltheater から Rosenheimerplatz とほぼ同じ距離ということですね。(^_^)
2008年05月01日 22:12
という風に言われると“ああ、そん
なものか”と思うのですが、実際に
劇場から真っ直ぐ先のマキシミリア
ノイムを見ると、あそこまで歩こう
とか、そんな気がなくなります。

たぶんというか、旅行先では距離が
二割増とかに感じられるようです。

でも、次回では歩く距離をもう少し
伸ばそうと目論んでいます。

この記事へのトラックバック