街話§J街通信[40]住み代わる 建て変わる

ちょっと――ほんの2か月くらい――でも歩いていない場所があって
気がついたら既に工事が終わって新しい建物ができていたりする。

そんなことをいちいち検証して見回り歩いているわけではないので、
路地裏あたりで建て前をしているのに出くわして……ああ、この店も
なくなってしまっていたのかと思うのである。

気のせいか、この数年は街の消長のテンポが速いように感じられて、
戸惑いすら覚えてしまう。それに歩いていて新しい店が増えているの
と同時に、一年ももたずに“あっさり”と店を畳むケースも増えてい
るのだ。

我が街は東京の中心からほんの少しはずれているだけなのに、街の佇
まいが下世話で、だからそれがJ街たらしめているところが大きかっ
た。ところが近年になって個人営業の店の影が薄くなりかかってきて
ちょっとばかし特徴のあった佇まいが味気なくなりつつあるような、
そんな感触もごくごく微かにではあるが感じ取ってしまっている。

《神保町のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック