ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 集話§注意力の著しい欠如

<<   作成日時 : 2008/06/12 12:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

街中を歩く人達の注意力が著しく欠如している原因の大きなひとつが
携帯電話であることは疑いようがない。

歩行者ばかりでない。自転車に乗りながら携帯で話していたり、甚だ
しいに至ってはメイルを打っている大馬鹿者も見かけた。自分以外の
存在というものを認識する気がないとしか思えないのである。それで
自分だけが怪我をして痛い目に遭えばと思うが、他人様にまでとばっ
ちりがかかるのはマナー以前であり、立派な犯罪行為といえる。

よくあるニュースに“ちょっと眼を離した隙に子供が……”という事
故なのだが、電車待ちの駅のホームで見ていると、子供へのケアが杜
撰な親の多いこと。手をつないでいるのはいいが、線路側に子供を歩
かせてみたり、子供を放置して自分は携帯メイルなんていうのがいか
に多いことかと思う。

放置も“虐待の一亜種”ではなかろうか。

あんなのは“ちょっとした隙”でも何でもなく、単に愚かなる怠慢に
過ぎない。子供を護ろうとかそういう発想は眼中になさそうだのだ。

まあ、我が身を振り返って不特定多数の人間の中で、迷惑をかけずに
行動できているかということも思ったりする。本人は注意しているつ
もりだが、いかにも気のきかない動きであるらしいのだ。普段から、
頭で考えて行動していないからそういうことを指摘されるのである。

【去年の今日】奏話§岩城宏之のチャイコフスキー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
集話§注意力の著しい欠如 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる