写話§デジカメを買い換える

2000年頃に買ったデジカメがさすがに大きくて使い勝手が悪くなって
しまったので、そろそろよかろうと買い換えることにした。

先週の日曜日に量販店で買ったのはこれ

感心したのは“取説”の薄さ。必要最小限の説明にとどまっていて、
より詳細な取扱い方法が知りたかったら、添付のCD-ROMをパソコンで
開けて読めばよろしいということである。とりあえずは薄い取説で、
撮影できてしまうのである。

せいぜい旅行に持って行って……といった使用頻度だから、わざわざ
一眼レフを買うまでもなく――そりゃあ、昔“撮った”杵柄で欲しい
といえば欲しいのですがね――、持ち運びが便利で使い勝手がよけれ
ばそれで良しということだ。この先も海外旅行の予定はあって二人で
40kgになんなんとする荷物を移動させなくてはならず、そのためには
カメラのコンパクトさは必須といえる。

同時に1GBのメモリーを購入した。これで1000枚近く撮れるのだから
十分過ぎてお釣りがくる。付属の充電器にも工夫が見受けられた。旅
行などで持ち運ぶ時に煩わしかったコードがなくなり、コンセントが
本体に折り込まれるようになっている。だから、これまでのカメラと
充電器の大きさからすると半分近くになっているような気がしないで
もないのだ。

《海外旅行のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック