悼話§イヴ・サンローランさん(デザイナー)

40年近く前に、我々が知っていたフランスのファッション・デザイナ
ーといえば、ピエール・カルダンとかイヴ・サンローランというのが
“お約束”のような存在だった。

シャネルなどとは違った商業戦略を持っていたようで、いち早く日本
を席捲していったのが彼らだったような記憶がある。オートクチュー
ルやプレタポルテとは別に、ライセンス生産でブランドを広めていっ
たというのは、その頃が端緒だったのではないだろうか。

後年、テレビのモード関連の番組で“パリ・コレクション”の様子を
しばしば見るのだが、オートクチュールにおけるデザイナー達の気合
とか迫力に、凄まじいプレッシャーの世界なのだと思ったのである。

などとコレクションをテレビで見るのは好きだが、そういったトップ
デザイナーの何かを一点でも持っているわけではない。

《昭和のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック