家話§バイロイト音楽祭2008開幕へ[上]

まもなくバイロイト音楽祭も開幕だなと思ってホームページを訪ねて
みたら大幅にリニューアルされていた。総監督が交代するということ
がこういうところにも反映されつつあるのだろうか。

最大の目玉というか、見るべきは“Videoguide”のページ。劇場内部
を、客席から舞台、オーケストラピット、などなどをかなり精度の高
いビデオ映像で目の当たりにできるのだ。

かねがね、ピットの構造によるオーケストラピットからの音とステー
ジの歌声のタイムラグについての話を聞いていた。だが、実際にどう
いうものかまではわかっていなかった。それをビデオで見せてくれた
のだ。ステージ横上部に控える副指揮者が、ピットの指揮者の映像を
見ながら、タイミングをほんの少しだけずらせた指示をステージの歌
手に送っているという様子が確認できた。

もう一つ“Festspiele Podcast”も、ビデオ主体のページだが、衣装
とか小道具の制作風景や、上演演目のプローベの様子も簡単に見るこ
とができる。なお、映像のいくつかは同じ構成になっていて、最初に
登場する“或る物体”には笑わされた。ちなみにiTunes対応である。

以前は本当に見づらいページ構成で、それが何年も何年も長いこと変
わらぬままだったので、新しいページを目にした時は正直びっくりし
たのだった。

ホームページが新装なった、そんなタイミングで明日からバイロイト
音楽祭が開幕する。さらにというか27日の『ニュルンベルクのマイス
タージンガー』はネット中継(有料)まで行なわれるのだ。
                            [続く]

憬話§我々の“バイロイト音楽祭”2008.08

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック