油話§バイオ燃料産業の破綻で

バイオ燃料が持て囃され始めた時期に素人が考えたことは、食料との
兼ね合いがどうなるだろうかという懸念である。

NHKの海外報道番組によると、アメリカでとうもろこし農家から出
資を募って立ち上げたバイオ工場が、稼動すら始まらないうちから経
営が芳しくなくなり、閉鎖に追い込まれてしまったという映像を映し
ていた。借金までして出資した農家は途方に暮れている。それが一か
所にとどまらず、複数の工場がそうなってしまったというのだ。

アメリカ政府が音頭を取って始めた事業が、あっという間にぽしゃっ
てしまうというのはいかなることかと訝しく思う。煽った陰で、誰が
いい思いをしたのかと不審に思ってしまう。

だから巨大なインサイダーのような企みがあったような気がしてなら
ない。政治の権力にいることを都合よく自分の利益に繋げている輩の
匂いがぷんぷんとする。

遠からずブッシュの政権は幕引きの時を迎えるわけだが、彼らが8年
間になした行いのおかげで世界の秩序が狂ってしまったように見える
のは考え過ぎなのだろうか。

付記:今日は広島の原爆忌である。

【去年の今日】際話§これが国境というものか

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック