悼話§服部正さん(作曲家)

マンドリンの世界では有名だったということだが、寡聞にして名前を
知らなかった。“ラジオ体操第1”の作曲者が服部正という人なのだ
ということを、訃報を読んで初めて知った。

ラジオ体操の音楽だが、じっくり聴くとこれが実によくできた音楽だ
ということに気がつく。うまく説明はできないが、単純なメロディー
を巧みに歯切れよく展開させていて、聴いていても楽しい。

日本で仮にオリンピックが開かれるとして、開会式の“ショー”の一
つとして取り入れたらどうだろうという、はなはだ“不気味”なアイ
デアを持っている。あれを開会式の観客席の日本人が一斉に始めたら
それを目のあたりにする世界中の人間が度肝を抜かれるように思うの
だが、いかがであろうか……。何よりリハーサルも不要であるw

気味悪がられたりする可能性はあるが、ラジオ体操は日本人のアイデ
ンティティーの一つであることは間違いないのである。

《クラシックのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック