節話§立秋と旧暦のお盆

生まれてからずうっと8月の旧盆でやってきて、それが習い性になっ
ている。新暦のお盆と旧暦のお盆、比率はどんなものなのだろうか。

それでふと考えたら、旧暦の盆は立秋の後にやってくるということに
何週の半ばに気がついたのだった。もっとも立秋も旧暦にすれば7月
の節気なので、どちらにしても“秋の行事”ということではないか。

今さらだが、二十四節気と我々が体感している季節感はほとんど一致
することなどないわけで、だから立春の時などは春などではなく……

春は名のみの

……などと言い訳がましい言い方をしたりする。あるいはどんな時で
も“暦の上では”と季節の前につけることで、無意識に季節の先触れ
らしきものをしていなくもないということなのか。

暑さ寒さも彼岸まで

と言われるが、自分の曖昧な記憶でもこの30年以上というもの、10月
になっても暑さが続いているようである。それこそ“温暖化”などと
喧伝されるよりも以前から10月も暑かったのだが。

昨日(8月12日)は日航機墜落から丸23年。

【去年の今日】英話§緑に囲まれた中国塔ビアガーデン

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック