ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 翔話§ウサイン・ボルト

<<   作成日時 : 2008/09/24 12:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

旅行中、ホテルのテレビでオリンピック中継を眺めていた時に、最も
驚かされたのは、陸上男子100mの決勝。ジャマイカのウサイン・
ボルト
の勝ちっぷりだった。

何というか、ぶっちぎりの圧勝に加えて、我が眼を剥かせ、口をあん
ぐりとさせたのは、フィニッシュの20mあまりを走りながらボルトは
両手を広げて観客席のほうを向いてアピールしながらゴールするとい
うパフォーマンスを行い……

9秒69

という世界記録を出したのだった。あんなパフォーマンスをせずに、
ゴールまでフルに走ったら9秒50台が出たという話も大げさではなか
ろう。おまけに、というか大写しの写真を見ると片方の靴紐が解けて
いるではないか……。

とにもかくにも、オリンピックを見ていてこれほどの衝撃を受けたこ
とは、フォズベリーの“背面跳び”や塚原の“ムーンサルト”以来の
ことであるが、衝撃度はボルトが一頭地を抜いている。

スタートの反応こそ遅れはしたものの、トップスピードで走り抜ける
様は、誇張でも何でもなく……

翔ぶが如く

のように思えてしまったのだ。人間が自力で飛ぶ様子を見ることなど
初めてのことである。

《スポーツのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
翔話§ウサイン・ボルト ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる