ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 憬話§このたびの旅[9]コインランドリー

<<   作成日時 : 2008/09/26 12:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
↑使い方さえ習熟すれば心強い旅の味方になるのだ

[承前]

ドレスデン滞在最終日の午前中、あらかじめ場所を調べておいた新市
街のコインランドリーに行った。

店の設えに記憶があって、どうも2003年の冬にベルリンで利用した店
の系列店なのである。それなら何とかなるだろうと洗い物を風呂敷に
包んでぽてぽてと歩いていった。

午前11時までがサービスタイムになっていて洗濯料金が安い。なので
たまたまその時間帯が終わる頃に入店したので、洗濯機がぼちぼち空
きだすタイミングだった。

さて洗濯に取り掛かろうと思ったら、4年前の手順をすっかり忘れて
いることに気がつき、洗い上がるのを待っていた女性に手順を教えて
もらうことになってしまった。もっとも押すボタンは一つか二つで、
そういえばそうだった、あとは水温を調節するだけではないか。

ようやく洗濯までたどり着き、所要時間を見ると1時間以上かかる。
ということで、すぐそばのカフェのテラスでしばしのお茶にする。ち
ょうど陽のあたる時間だったので、パラソルを動かして影をつくる。
……そんな気遣いなど無用とばかりに直射日光をたっぷりと浴びなが
らお茶をするのは現地のみなさんである。

太陽も高くなり、頃合いだろうとお勘定をして店に戻ると回転が止ま
る直前だった。後は乾燥機で30分乾燥させてやればいい。

ところで最初にコインランドリーの店に入った時、ちょっとしたエト
ランゼ気分のようなものを味わった。数人の男女が思い思いに待って
いたのだが、その彼らが一斉に我々に視線を移した瞬間、映画の中で
場違いな場所に迷い込んでしまった登場人物に向けられた視線である
かのような気分にもなったのだ。……これがよそ者に対する視線とい
うものなのだろうか。
                            [続く]

《海外旅行のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
憬話§このたびの旅[9]コインランドリー ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる