憬話§このたびの旅[45]さらばバイロイト

[承前]

2008年のバイロイト音楽祭が終わった。

祝祭劇場は来年7月25日の開幕までしばしの眠りに入り……バイロイ
トの街が“日常”を取り戻す。

・・・再びこの地を訪れるのはいつのことだろうか

ホテルのレセプションでは、故郷に戻る巡礼者が続々とチェックアウ
トを済ませ、慌しく帰途に着く。我々も同様に10日間過ごした部屋を
撤収してチェックアウト。大荷物を車に納め、そそくさとホテルを後
にするのだ。

この後、我々は歌曲と室内楽の旅に出るのだが、ひとまず目指すのは
ドナウ河畔の古都ウルム……の隣町のノイ・ウルムである。ちなみに
大聖堂のあるウルムはバーデン・ヴュルテンブルク州だが、ドナウ河
を挟んで南側のノイ・ウルムはバイエルン州に属している。

本日の行程はおよそ270km

あっさりとアウトバーンに入れるはずが標識を見落として少しばかり
時間を食ってしまった。日本だったら自動車が通行する左側に行き先
表示があるのだが、ドイツあたりではまちまちなのか、左側にあった
りもして気がついたときは曲がるべき道を行き過ぎたりしたのだ。

それでもアウトバーンに合流して、あっという間にバイロイトに別れ
を告げた。カーオーディオからは相変わらずの懐かしきフォークソン
グが爽やかに流れ、我々を束の間のノスタルジーに浸らせてくれる。

♪長~い 坂の 絵の フレーム

我々の旅は……もう少し続く。
                            [続く]

↓別れを惜しんでファンファーレを演奏している・・・わけではない
画像

憬話§我々の“バイロイト音楽祭”2008.08

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック