ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 憬話§このたびの旅[47]こんにちはドナウ河

<<   作成日時 : 2008/10/31 12:05   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
↑ウルムとノイ・ウルム境界のドナウ河。街中の流れとは思えない

[承前]

豪華昼食を済ませた我々は、しばしの午睡を取った後、ウルム散策を
せむと表に出た。ホテル横にはドナウ河沿いの遊歩道が通っている。

観光客だから、とりあえず目指すのは大聖堂。街のどこからでも教会
の塔として世界一高い(161.53m)尖塔が見えるので、地図を見ながら
歩き回る必要がないというのは楽である。とか言いながら、あちこち
寄り道をして、買い物をしたりお茶を飲んだり……。

……するのだが、1時間もすると観光客であることに飽きてしまう。
もっとも、ウルムという街も1時間歩けばおよそ目ぼしいスポットを
回れてしまい、だから一応は“漁師の一角”なる、家々の間を用水が
張り巡らされている観光名所も歩いたりしているのだ。それでもって
漁師の一角から再びドナウ左岸の遊歩道に出た。

ドナウ河は、この先数か国を経て黒海まで2700kmというまさに悠久の
流れである。ウルムなどは源流から100kmちょっと、ほんのとば口
の場所だということに気がつき、河口までどれくらいの時間がかかる
だろうかと思う。それほどに流れはゆったりとしているのだ。だから
ミズスマシのようなシングルスカルのボートが、上流に向かってゆっ
くりと漕ぎ上がっていけたりもするのだろう。

同居人がポケットに入れている万歩計を見ると、一万歩に近づいてき
ている。旅行中は平均すると一日おきくらいに一万歩以上歩いていて
これが体調維持に効果があったようだ。

……陽も少し傾いて、気がつけば喉も渇いて、お腹も空いてきた。
                            [続く]
↓登りはしなかったが、ミュンスターの下も歩いた
画像

おまけ:下のドイツ語は、ウルムに関する早口言葉。
In Ulm, um Ulm, und um Ulm herum.


《ドイツのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ウルムのミュンスターは上って降りてくると30分はかかります。上は狭くて高いところが苦手な方にはお勧めできませんが、天気の良い日はドナウ河がよく見えます。
haydnphil
2008/11/05 12:18
コメントをありがとうございます。

後述したとおりで、ウルムを散策し
ていた時は足を引きずっていたので
塔に登るなど考えもしませんでした
が、元々高いところは好きですw
HIDAMARI
2008/11/05 12:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
憬話§このたびの旅[47]こんにちはドナウ河 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる