治話§指先に貼ったいわゆるバンドエイド

このところ立て続けに2か所ほど紙で指を切った。ちょっとした油断
で気がつくと……何とまあきれいに切れていることである。

切れ具合にもよるが、舐めるくらいで済まないくらい出血した時は、
しかたなく絆創膏を貼ってやる。それもバンドエイドの類のできるだ
け小さめのものを探して貼るのだが、指先に近かったりすると、それ
だけでキーボードを叩いたりすることなどなどが煩わしく感じられて
しまう。

丸一晩とか貼っていて、もうよかろうとはがしてみると最近は修復さ
れていなかったりする。ちょっと前だったら寝て起きればくっついて
いたのにと、そんなところも老いなのかと思う……。

いずれにしても、絆創膏の感触をもどかしく感じながら色々な作業を
続けていくしかない。

絆創膏は、患部の保護と作業のし易さを両立させてはくれないのだ。

【去年の今日】甘話§シュトーレンはいかが?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック