ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 気話§局所的“超”過剰心配性

<<   作成日時 : 2008/12/19 12:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

大まかで楽天的な性格だと自分では――たぶん第三者も――考えてい
るのだが、時として“限定的”に極度な悲観主義と心配性がまとめて
やってくることがある。それは……

我が家から成田まで

年に一度の旅行の時だが、我が家を出るのが一番電車だし、空港まで
の成田エクスプレスも一番電車でないとチェックイン諸々が間に合わ
ないフライトにあたると、既に前日から表情にまで出てしまうのだ。

ふだん楽天的な人間が悲観主義に陥るとどうなるのかといえば、もう
馬鹿馬鹿しいの一言で、要するに……

このままでは空港に着かない

ということである。本人曰く「途中で踏切事故に……」とか「車両故
障で……」とか、その最たるものは……

寝過ごし

である。こうなると周囲――同居人のこと――もどんどん冷ややかに
なっていって“勝手にすればぁ”状態になる。まあそうはいっても、
遅れることは避けたいわけだから、多少のことには眼をつぶりつつも
仕方なくつきあってくれるのではあるが。そのあたり……頭が上がら
ないのである。

【去年の今日】味話§ラーメン屋でビールを呑むと

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
気話§局所的“超”過剰心配性 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる