忘話§このたびの零れ落ち~パルジファル~

できるだけ書き漏らしがないように旅日記をまとめたつもりだが、け
っこう大きな書き落としがあることに気がつく。

一番大きいのは、今年のバイロイト音楽祭における『パルジファル』
での2つの大きな記憶漏れ。登場人物が背中に羽根を生やしていた。
これは意味を考えあぐねて悩んでいるうちに、書き落としてしまった
ものである。それで、いまだに意味を掴みかねている。これといった
“解”が自分の中に見当たらないのだ。

もう一つは、これも二幕まで舞台中央に存在した“ベッド”のことを
書き忘れてしまっている。このベッドが、さしずめ“ドラえもん”の
何でもドアみたいだったのである。気がつくと別の人物が横たわって
いていかなる仕掛けなのかと眼を凝らしてみたのだが……。

こんな大事なことを忘れるとはと思ったが本題で書いたとおり、とに
かく膨大な情報を取り込もうと試みはしたものの、結局は力不足だと
いうことに気がつくのだ。

既に音楽祭から3か月が経過した。当然のことだが、よい思い出もそ
うでない思い出も、既に記憶の層から剥がれ落ちてしまったようであ
る。時が経って忘れたものもあれば“ああ、そうだった、そんなこと
もあったなあ……”とひょんなことで記憶が甦ることもあるのが不思
議である。

憬話§我々の“バイロイト音楽祭”2008.08

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック