麺話§このところスパゲッティ・ナポリタン

去年の暮れ頃からスパゲッティ・ナポリタンを何回か作って、久々に
懐かしい思いをしながら食べている。

下宿で自炊生活を始めた1970年代の前半、乏しい仕送りをやり繰りし
て考えだしたのが、スパゲッティの活用というものだった。活用とは
いっても、ヴァリエーション豊かに何種類もという余裕などはなく、
ほぼ毎日のようにスパゲッティ・ナポリタンを作りまくっていたのだ
った。

材料もベーコンは高いので、もっぱらスーパーの特売のポークウイン
ナを使い、それに玉葱を合わせただけである。毎日のように食べるも
のだから、ケチャップをべちゃべちゃに使うと飽きてしまいそうだっ
たので、適度にさっぱりとした味と色がつけばとそれでいいという方
針が功を奏したか、お助け自炊料理のロングセラーになったのだ。

というわけでナポリタン・リバイバルであるが、一回目はウインナソ
ーセージを使った。それこそ、昔々に食べたのよりは上等と思われる
ソーセージを使ったわけだが、出来上がりは昔と変わることはない。
玉葱と一緒に炒める時ににんにくを入れたが、その当時はにんにくを
買う余裕まではなかったことを思い出した。

やや固めに茹で上げたところで最終工程である。ケチャップを入れ過
ぎないよう注意しつつ、あっさりとまとめあげた。ケチャップが好き
らしい同居人は、皿に盛った後に自分の好みの濃度にケチャップを足
して食べていた。人それぞれである。

【去年の今日】爆話§十二月 外で呑むのは“忘年会”

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック