猶話§共存することなど絶望的・・・永久に

イスラエルのガザ地区に対する強硬な侵攻を絶望的に傍観している。
そして、双方とも自分達の正当性を繰り返すばかりである。

連日のニュースでは、負傷者を抱えて病院に駆け込んでいく風景ばか
りが報道されていて、こうなってしまうと“和解”とか“共存”とか
まったく不可能だと見えてしまう。

何千年にもわたる“憎しみの連鎖”が行き着く果ては、誰だってわか
っているはずなのに、何ら抗うこともなく連鎖の渦に巻き込まれてい
くのだ。

自分自身の中に、この状況を何とかするという智恵らしきものの欠片
すら持ち得ていないことの何ともどかしいことか。国連をはじめとし
ていくつかの国が働きかけをしているが、一向に矛を収める気配など
ない……。

【去年の今日】巧話§警察庁の警視が営むカルト業

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック