流話§ウルムの街並みとか~水路と家~

画像

↑すれ違うのが難儀な路地

今回の旅行で初めてウルムの街を歩いたが、インターシティに乗って
ウルムを通過したことはあったので、ことさらミュンスターがなどと
拘ることもなかった。

旅行記に書いた以外でいくつか落穂拾いをしてみようと思うが、ほん
の3時間足らずの街歩きで見たのはたかが知れている。だからミュン
スターも正面のカフェでお茶など飲みつつ外観を眺めただけである。

それよりは“漁師の一角”という家並の間を込み入った水路が走って
いる狭いエリアのほうがおもしろいといえばおもしろかった。おそら
く中世頃のドナウ河畔はもっとたくさんの家が並んでいたのではない
だろうか。

中に一軒の“ホテル”があって、外観ばかりか室内も傾いているのだ
という。柔らかい地盤に家そのものがぐにゃぐにゃになってしまった
ようで平衡感覚に敏感な同居人などは一目見ただけで「眩暈しそう」
とつぶやいたのだ。

旅行中に有名観光地巡りをする機会はそう多くはなく、そんな場所に
行っても、そそくさと通り過ぎるくらいで済ませてしまう。要するに
外観がどうのこうのということではなく、その“中”なるもには興味
があったりするのだが。

↓ぐにゃぐにゃなホテル“シーフェスハウス”
画像


憬話§このたびの旅[終]まとめ読み総索引

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック