ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 若話§ミュンヘンで観た『魔笛』H.プライ

<<   作成日時 : 2009/01/13 12:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1987年7月のミュンヘン・オペラフェスティバルで『魔笛』を観た。

指揮はサヴァリッシュ、エファーディングの演出、美術はユルゲン・
ローゼという20年前の堅実な舞台である。ただでさえ筋がぶっ飛んで
奇矯なオペラなので演出まで引きずられる必要などはなく、真っ当に
手順を踏んでくれさえすれば安心して楽しめるのだ。

パパゲーノを歌ったのは当時58歳のヘルマン・プライ。この日歌った
主要な歌手の中でも一番年齢が高かったはずだが、そんなことを吹き
飛ばすような熱演で、客席を喜ばせていた。パパゲーナとの二重唱で
登場した“子供達”を相手にけっこうヘロヘロな様子で、一番小さい
子供をおぶって袖に消えていった時には盛大な拍手。もちろんカーテ
ンコールでも一番の拍手をもらっていた。

今思い出すと“よき時代”の舞台だったと懐かしくて、機会があれば
もう一度観たいなあと思わせるのである。

《オペラのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
若話§ミュンヘンで観た『魔笛』H.プライ ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる