維話§初めてのウィーン[1]旅の計画

自分自身が飛行機で海外旅行をするなど、夢にも思っていなかった。

きっかけは1980年のウィーン国立劇場の引越し公演で、その時が初め
てのオペラ体験だったのに、初心者の恐ろしさというか無知の為せる
業というか、一気に頭に血が上ってしまい、その年の年末年始にウィ
ーンへ行ってしまったのである。あな恐ろしや・・・。

おまけにいわゆる“個人旅行”になってしまった。最初はツアーに申
し込もうと旅行会社に問い合わせてみたら、年末年始のツアーは既に
一杯になっていて“しかたなく”個人旅行という羽目になったのであ
る。おかげでクソ度胸がついて、その後もずっと個人旅行である。

当時は海外旅行のガイドブックにろくなものがなく、もちろんネット
で簡単に情報を拾える昨今のように、軽々と海外旅行に飛べるような
状況などではなかった。できたことといえば2、3冊のガイドブック
を読み漁り、観光局まで足を運んで情報収集に努めたということ。

何だったかな伝手を頼って小さい旅行会社に航空券とウィーンのホテ
ルの予約を依頼し、出発は12月27日と決まった。その頃は格安航空券
が鬼っ子のような存在で、だから空港のカウンターまで旅行会社の人
がついてきて、何やらな呪文を唱えたりしてようやく搭乗券を受け取
る運びになったという記憶である。

出発したのは開港して2年ほどの成田空港。搭乗する飛行機はルフト
ハンザのモスクワ経由フランクフルト行きで、フランクフルトでウィ
ーン行きに乗り継ぐのだった。
                            [続く]

《海外旅行のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック