訣話§力士“A”・・・さようなら

先に長めの前提を書いておく。

日本人であれモンゴル人であれ、そんな“国籍”であるとかいうこと
とは関わりなく、横綱には横綱たるべき何かを持ち合わせていなくて
はならない。過去にいた日本人の横綱の中にだって“横綱”たりえな
いままに引退した力士は少なくないことを記憶している……。

“A”もまた横綱たりえず、単なる一力士でしかない

なぜ、大関や横綱を“推挙”するという手順を踏むのか、成績だけの
基準を厳密に設定すれば、それだけで大関や横綱を“一丁上がり”的
に昇進させられる。そんな簡単な条件にしたくないから、横綱審議委
員などの手を煩わせなくてはならないのだ。

そして、そういう段階を踏んで推挙された以上は、その地位に見合っ
た存在になるべく努めるというのが本来の姿なのだが、それを忘れて
怠る力士は残念ながら目立ってしまう。ましてやそれが横綱という地
位にあるならば“ノブレス・オブリージュ”というものを自覚させ、
そのことを横綱たる本人も堅固に履行していくべきなのだ。それをも
って初めて横綱という地位にふさわしい存在となるのではないか。

ただ単に強いということを見せたいのであるならば、そういう格闘技
はいくつも存在しているから、ごちゃごちゃと小姑があれこれうるさ
い相撲の世界にいる必要などないのである。一番嫌なことは、彼の中
に相撲はもちろん他者に対して敬意というものを持ち合わせていない
ように感じることなのである。それは日常であれ、土俵態度であれ、
関係なくそう感じられる。

相撲がおもしろければ、盛り上がれば、満員御礼にさえなれば、それ
だけで“良し”として、横綱を横綱たるべく育成することを怠り続け
た相撲協会は、いずれ強く後悔することになるだろう。無責任なポピ
ュリズムによる人気など長続きはしない。

我々は、すっかり未成熟な力士“A”に“なめられ”まくっている。
かくて力士“A”は性懲りもなくモンゴルに里帰りしたのである。

付記:既にして四股名を書く気力も失せているので頭文字のみ。

《相撲のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック