遊話§タモリ倶楽部のサブカルチャー度

深夜0時を過ぎての30分番組から、いくら“好評”だと言われても、
ゴールデンタイムだとかの晴れやかな場所に進出するようなことなど
ないのが『タモリ倶楽部』である。

ほとんどタモリ(森田一義)が思うまま適当に司会進行をして、若手の
芸人から酔っ払いの映画監督までを“巧み”に操っていく。とにかく
コアな番組だが、こんなところにも根強いファンがいるのだ。

マイナーな時間帯や手法の融通性でもって好き勝手させてもらってい
るというタモリのしたたかさを見る思いがするんだなあ。

付記:本日23:15~0:10という時間に、拡大版でテレビ朝日開局50周
年記念特番『今夜だけタモリ倶楽部スペシャル』が放送される。過去
27年の傑作選ということなので、好き者ならずとも見逃せないのだ。


《テレビのトピックス一覧》

この記事へのコメント

2009年01月31日 13:03
昨夜は見逃してしまいましたが大ファンです。
何と言っても「空耳アワー」がポイントですが、週末の夜に身も心もリラックスして眠りにつける貴重な番組です(^_^)。
2009年01月31日 13:31
「鉄」がテーマの時だけ“ガチ”で、後は
テキトーという脱力感がいいなあと。

さっきまで録画していたのをプレイバック
していましたw

この記事へのトラックバック