醸話§酒呑みであるという自覚

自分がそれなりに酒が呑めるのだと思うようになったのは、何歳頃の
ことだろうか。

二十代の初期は、酒がどれほど呑めるものかと思いながら呑んでいた
し、同時に酒の味など見当もつきはしなかった、そんな時代である。
それで思い返してみると、二十代ではなくて三十代に入って以降のこ
とのようなのである。

まずもって、二十代の頃は酒を呑むあれやこれやを知らないまま過ご
していて、ただ闇雲に杯を重ねていただけなのであった。確かに日本
酒を四合とか五合近く呑んだりしたこともあったが、そうだからとい
って自分が酒豪であるなどとはゆめゆめ思わなかったのは、今になっ
て考えると破滅せずに済んだのではとも思ったりするのだ。

少しは酒の味がわかったという気分になったのは、三十代半ばに差し
掛かったあたりではなかろうか。たぶん、その頃には体内に酒の成分
がしっかりと沁み込んできたおかげで、自分自身の好みらしきものが
形成されていたような気がする。

ただ、あれもこれもと呑む性質ではなく、徐々にビールと日本酒と、
せいぜいワインといったあたりに限られてきて、そんなところでよう
やく落ち着いてきたのだろう。

それに今となっては酒量も限られてきたようだし、週に一度の休肝日
まで設定したりして、気がつけば山の頂を過ぎて麓に向かって下山を
ゆっくりと始めている年齢になったのであった。

【ひだまりのお話の原点】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック