維話§初めてのウィーン[12]閑話休題

[承前]

狂乱の『こうもり』から一夜明けて12月29日。この日からザルツブル
クとミュンヘンにそれぞれ一泊ずつの観光旅行をするということが、
何となく決まっていた。

というかザルツブルクに行くことは決まっていたが、ミュンヘンの一
泊というのは完全に気まぐれかつ場当たり的に追加された日程で、ウ
ィーンのホテルからミュンヘンのホテルに予約電話を入れたのだ。

テーマがウィーンなので、これ以上ザルツブルクとミュンヘンには言
及しないが、この往復のおかげでラッキーな思いをすることになる。

一応だが、ザルツブルクではモーツァルトの生家に行ったし、ミュン
ヘンでは知り合いの知り合いの極細の伝手とかで、ミュンヘンに在住
してお仕事をされている某夫妻のお世話になったりした。……その時
“あの有名な”ホフブロイハウスに連れて行ってもらってもいる。

というオプション旅行があり、ミュンヘンから列車でウィーンに戻る
のは大晦日の午後のことで、再びザルツブルクを経由してウィーンの
西駅に着いたのは20時近く。列車の中でビール1杯と軽いつまみしか
食べずに空腹を抱えていたので、西駅に併設されているレストランで
糊口をしのぎ、ホテルに向かった。

その日の夜だが、話には聞いていた大晦日のシュテファン寺院前広場
の新年カウントダウンにも参戦しているおめでたさであったのだ。
                            [続く]

《海外旅行のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック