維話§初めてのウィーン[13]楽友協会へ

[承前]

明ければ1981年の元旦である。まさか異国で新年を迎えることがある
とは思ってもいなかった。とはいっても何かが別段ということのない
のが、彼の国の正月風景のようである。

何とひょんなことからウィーンフィルの“ニューイヤーコンサート”
のチケットを入手することができた。ザルツブルクで会った人が、初
対面だったのに、別れ際に突然……

明後日のニューイヤーコンサートのチケットがあるけれど行く?

と聞いてきたのだ。実は28日の散歩の途中で楽友協会の周りをうろつ
いていたら、ニューイヤーコンサートの――たぶん立ち見かと――チ
ケットの行列があるのを見つけて、ちょっと話を聞いたのだが発売が
ザルツブルク行きと重なったので、さすがに諦めてしまっていたのが
突然の申し出に一も二もなく買うことに決めて手配をしてもらった。
そしてウィーンに戻ったらホテルにチケットが届いていたのである。

というわけで午前11時開演を目指して楽友協会大ホールにいそいそと
向かうのである。まだこの時期は、NHKが衛星同時中継をしていず
確か2月の頃になって、ようやく録画したものを放送していたはず。
もちろん我々が行った時のチケット争奪も激しかったようだが、日本
で生中継が始まった翌年(あるいは翌々年か)から爆発的に日本での人
気が高まったのだった。

さてガルデローベでコートを預けて・・・あれ、ホールどこ~?
                            [続く]

《クラシックのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック