照話§ザ・ベンチャーズなのであります

小学校もようやく高学年に移っていくという頃のこと、ベンチャーズ
のエレキ・サウンドを聴いてしまったのだ。それは自分自身の中の音
楽的興味における最初の衝撃でもあった。

ズシンと腹に響く“テケテケテケテケ――デゲデゲデゲデゲ――”の
音がいったい何なのかとテレビを見ると、これまでに見たこともない
ギターがコードに繋がっていて、その先にはスピーカーがあるのだ。

とにかく訳もわからずにベンチャーズの世界にはまり込んでしまって
やれ『ダイヤモンドヘッド』だ『キャラバン』だ『10番街の殺人』だ
と聴きまくったのだった。そんなベンチャーズに触発されて、我が田
舎町でもいくつかのエレキバンドが結成されるようになり、某神社の
――罰当たりなことに――神楽舞台でエレキ合戦まで催されるように
なるのは、あっという間だった。

大層な家でもなかったくせに、妙な建て前を振りかざす性質だった父
親のおかげで、その手の新しいものに触れるということすら“邪魔”
をされていたような記憶がある。それでもベンチャーズに始まって、
ビートルズに移り、何となく人並みなロック体験をしてきた。その間
にクラシックに重心が移りはしたが、クラシック度が100%になる
ことはなく、常に異なる価値観としてのロックであるとかジャズとか
を隅に追いやったりはしないのである。

それで先週久々にというか、何と初めてベンチャーズのベスト盤CD
を買い、嬉々として流しているのだが、マーラー5番のアダージェッ
トを聴き終わった直後に、いきなり『ウォークドントラン』なんかを
聴いたりするもんかね?>自分

《昭和のトピックス一覧》

この記事へのコメント

2009年02月18日 23:48
>マーラー5番のアダージェットを聴き終わった直後に、.......
問題ありません(^_^)。
一番上の姉がJazz、父と2番目の姉がクラシック、母が歌謡曲という家庭だったので、iTunesのライブラリーは今でも具だくさんです。
2009年02月19日 12:09
その日の昼間には、藤山直美と柄本明、中
村勘三郎の『浅草パラダイス』なんかを観
ていたりもして・・・(爆)

この記事へのトラックバック