維話§初めてのウィーン[20]さらばウィーン

[承前]

1月4日の早朝、ホテルをチェックアウトした。スーツケースなどが
あったのでタクシーで西駅に向かう。西駅からはインターシティを乗
り継いでフランクフルト中央駅まで行くのである。

12月27日に日本を発って、あっという間に1月4日である。フランク
フルトで一泊して、翌日には成田行きの飛行機に乗らなくてはならな
いのだ。

西駅を出発した列車は、リンツの先を北西方向のドイツ国境に向かい
ほぼドナウ河と併走して上流へと遡るのである。パッサウでドイツ領
に入り、レーゲンスブルク、ニュルンベルクと停車していく。

ニュルンベルクに停車した時に、当時はまだ全体を観たことも聴いた
こともなかった『ニュルンベルクのマイスタージンガー』の街なのだ
と単純明快な感慨に襲われて、頭の中を前奏曲が駆け巡ったりしたこ
とを懐かしく思い出してしまった。

その後、ヴュルツブルクでフランクフルトに向かう列車に乗り換えた
のだが、それまでの列車がガラ空きの客席だったのに、今度のはコン
パートメントの通路まで超満員だった。おかげでフランクフルトまで
窮屈な思いの2時間ほどを立ったままで過ごしたのだった。

かくて旅の最後のフランクフルトに到着、巨大な中央駅すぐ横の気楽
そうなホテルにチェックインして夜の時間が空いているのだが……。
                            [続く]

《海外旅行のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック