ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 膝話§二人旅一回目[1]1982年の旅程など

<<   作成日時 : 2009/03/09 07:59   >>

トラックバック 0 / コメント 0

同居人と一回目の海外旅行をしたのは1982年4月のことだった。

趣味が重なっていたりするものだから行き場所もあっさり決まった。
それで前の年に一度海外旅行しているという経験を使って、旅行計画
を立てることになったのだ。

出かける場所は、前年とほぼ似たようなところである。芯になるのは
ウィーンとミュンヘンだが、それぞれ4泊&3泊と、昨今の旅行パタ
ーンからすれば、何とも短い滞在である。

というわけで、こういう日程を組んでしまった。

1日目……成田〜南回り〜フランクフルトへ
2日目……フランクフルト着〜ニュルンベルク泊
3日目……ニュルンベルク〜ウィーン泊〜ドン・キホーテ(バレエ)〜    
4日目……ウィーン泊〜セヴィリアの理髪師
5日目……ウィーン泊〜ウィーン弦楽四重奏団
6日目……ウィーン泊〜ばらの騎士
7日目……ウィーン〜ザルツブルク泊
8日目……ザルツブルク泊
9日目……ザルツブルク〜ミュンヘン泊〜フィア・グロビアンヌ
10日目……ミュンヘン泊〜後宮からの逃走
11日目……ミュンヘン泊〜眠れる森の美女(バレエ)
12日目……ミュンヘン〜ロマンチック街道バス〜ローテンブルク泊
13日目……ローテンブルク〜フランクフルト泊〜コシ・ファン・トゥッテ
14日目……フランクフルト〜南回り〜
15日目……成田着

けっこう真剣に考えた日程ではあったが、これを二人で移動するのは
なかなかな力技だったと後になって思うのだった。フランクフルトに
着いてからの移動だが、ロマンチック街道バス以外は、すべて鉄道を
利用している。

今さらではあるが、ずいぶんな日程だと思う。それでもその時は、ウ
ィーンに“4泊も”と考えて自分なりに楽だと思える日程を組んだつ
もりだったのだ。それに最大の誤算は南回りのルフトハンザだった。
日本とドイツを往復するだけで3日くらいを費やしているかのように
感じられたのである。辛うじて二十代だったからよかったものの、今
の体力だったらアウトだろうことは間違いない。
                            [続く]

《海外旅行のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
膝話§二人旅一回目[1]1982年の旅程など ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる