ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 膝話§二人旅一回目[6]ウィーンへと

<<   作成日時 : 2009/03/16 08:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

5時頃だったか、眼が覚めて窓の外を見ると、白いものがチラチラと
宙を舞っていた。おまけに晩飯を食べないままに12時間以上の爆睡を
したものだから、二人とも見事なまでに空腹である。朝食までには、
まだ間があり、空腹の身を抱えた二人は部屋でその時を静かに待つし
かなかったのである。

7時過ぎてようやく朝食にありついた。とりあえずお腹を満たして、
たった一泊のホテルをチェックアウト。クラシックな造りのニュルン
ベルク中央駅からウィーンを目指すのだった。

9時30分に“ヨハン・シュトラウス急行”はニュルンベルクを発車し
た。その時の様子は去年書いているので詳しいことはそっちを参照

列車に揺られること5時間半、シュトラウス急行は15時にゆっくりと
ウィーン西駅に到着した。ここでウィーン在住夫婦の出迎えを受けた
のである。彼らとは前回のウィーン旅行の時、ニューイヤーコンサー
トのチケット行列のところで出会ったというだけだったのだが、連絡
はしあっていて、この時も日本から予約できなさそうな室内楽演奏会
のチケットを取ってもらっていた。

もちろんお土産も忘れず持参した。自動車が趣味の旦那用にカー雑誌
の最新号と。重い重い“とらや”の夜の梅を二棹……手渡したところ
でスーツケースがずいぶん軽くなった(嘘)。

西駅からは市電を乗り継いで、国立歌劇場へはシュテファン大寺院を
はさんだほぼちょうど北側、ドナウ運河に近いホテルにチェックイン
したのである。
                            [続く]

【去年の今日】週話§土日短信〜A列車で行こう8〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
膝話§二人旅一回目[6]ウィーンへと ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる