焦話§久々だったな近所の炭火焼き鳥

先週のことである。ずいぶんとごぶさたしてしまっていた、ご近所の
炭火焼き鳥居酒屋に行ってきた。

何も考えずに中生を注文し、同居人と合わせて10本ほどの串焼きと、
サラダ、蚕豆などなど、いつもと変わらぬリクエストである。久々に
食べた鶏焼きは柔らかくて、ああそうだったこういう味だったと思い
出していた。

と思ったらジョッキが空になったので、勢いだともう1杯頼む。ほっ
くりとしたニンニク焼きだとか、串焼きではないが大根おろしで食べ
る牛の網焼きもうまい。

生ビールを2杯飲んだところで、これまた久々に“王禄”を二合頼ん
だ。この酒のように呑み飽きしない日本酒は実に貴重なのだ。

締めのご飯だが、同居人はつくね丼を頼んだ。さすがに肉はもういい
ので焼きおにぎりのお茶漬けに梅干し入りという、体にいいのか悪い
のか……で満腹になったのである。

お勘定して店を出る。3分も歩けば我が家のドアが待っている。

《居酒屋のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック