危話§成田空港の事故の件

月曜日朝、成田空港A滑走路で貨物機が着陸に失敗し炎上した。あっ
てはならぬが事故は起きてしまう。貨物機と旅客機ではバランスが違
うかも知れないが、ああも簡単に向かい風にあおられるものなのか。

それに加えて離着陸がB滑走路しか使えなくなってしまったために、
ジャンボ機が降りられなくなってしまった。そうはいっても海外から
ジャンボ機は飛んでくるわけで、対策としては羽田とか中部国際空港
に着陸させるということのようだった。

それで調べてみると少なからぬ便がセントレアに着陸を余儀なくさせ
られている。到着して降りた客は、羽田や名古屋ということで困惑の
度合いも大きいだろうと想像するが、成田に降りるよりは羽田のほう
ありがたいという都内や神奈川の客も少なからずいるわけだが……。

いずれにしてもジャンボが離発着できる4000m滑走路一本と3000m足
らずのB滑走路で辛うじて運行を支えている成田の危うさが露呈した
ような事故だと思った。

他の空港に代替着陸(ダイバート)することになったのは、ジャンボと
エアバス380という4000m滑走路を必要とする機種だった。単なる
感覚だが、ジャンボの運行がそれほどでもないと感じた。これが全盛
期だったらどうなっていただろうと想像してしまう。

いずれにしても、パイロットが最も緊張を強いられる離着陸の時間帯
に加えて強い向かい風が吹いてしまった……いくつかの不運が重なっ
て起きた不幸な事故にショックを覚えている。

《海外旅行のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック