ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 膝話§二人旅一回目[21]山路芳久再見(上)

<<   作成日時 : 2009/04/07 08:00   >>

トラックバック 0 / コメント 2

[承前]

この日に観たオペラは、舞台の様子の微かな記憶以外に何も残っては
いない。以前にも書いたように、ミュンヘン・デビューして間もない
シェリル・ステューダーとかバーバラ・ボニーが出演しているが、二
人のその後の活躍が予測できたわけでもない。そして我らが山路芳久
である。

オペラのタイトルは『フィア・グロビアンヌ』という。邦訳では『四
人の頑固者』あるいは『四人の田舎者』である。作曲したのは“マド
ンナの宝石”でおなじみのエルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ。いか
なる理由かはわからないのだが、ヴォルフ=フェラーリのオペラは、
イタリアでの初演は失敗してばかりで、ドイツで上演すると評判にな
るということがあったらしい。

演出は名前だけは知っていたが、当時ソ連のユーリ・リュビーモフ。
指揮をしたのはアルベルト・ゼッダであるが、この人はついこの間の
ロッシーニ音楽祭で来日していたので記憶している向きもあろうかと
思う。ちなみに我々が観るつい10日前に新演出上演された出来立ての
舞台だったのだ。

客席に入ると、既に舞台の幕が上がっていた。そういう演出を見慣れ
ていなかったのでちょっとばかし驚いたのだった。それで歌手の衣装
はというと、イタリアの“コメディア・デラルテ”風で、動作もまた
コメディア・デラルテを彷彿とさせるようなものだった。

残っている記憶はそれくらいである。なにしろストーリーすらわから
ずに舞台を眺めていたわけで、途中でずいぶんと眠気が襲ってきた。
                            [続く]

《オペラのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
このオペラ、うっすらと名前だけ記憶にあります。わたしは観ていません。
【篠の風】
URL
2009/04/07 18:07
舞台上の動きを見て“ああ、コメディア・
デラルテ”なんだなと思いましたが、それ
以上の記憶はまるでありません。

音楽も何一つ覚えていないのです(爆)。
HIDAMARI
2009/04/08 11:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
膝話§二人旅一回目[21]山路芳久再見(上) ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる