ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 膝話§二人旅一回目[24]ゲルトナー広場劇場

<<   作成日時 : 2009/04/10 08:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

画像

今だったら眼をつぶっても――大嘘――行ける劇場だが、この時は完
全な勉強不足で、何とタクシーに乗って劇場入りしたのだった(爆)。

以前書いたように、演目はモーツァルトの『後宮からの逃走』で、コ
ンスタンツェの侍女ブロントヒェンを若きバーバラ・ボニーが歌って
いたのである。ということと歌手がみんな若々しくて、いわば“若手
の登竜門”とでもいえるようなハウスだったのだ。

我々が観たのは最上階のほとんど天井桟敷といっていい位置だった。
もちろん舞台の記憶はまったくないのだが、歌手達が元気に動き回っ
ていたというくらいの記憶はある。それとなぜかわからぬが、上階の
係員の女性と何やらひとしきり会話をしたという記憶はあるのだが。

後年、ゲルトナープラッツ劇場のあたりをうろうろするようになって
ようやく劇場付近の様子がわかってきた。別に気張ることもなく街の
中心部にだって徒歩10分ほどでたどり着けるし、すぐ近くには市電も
走っている。ただその時は、ぱっと見た地図で、あたかも街はずれで
あるかのように思ってしまったのである。つまらぬ思い込みをしたも
のだ。

というわけで、地理に不案内なまま出かけてしまったツケは、終演後
もタクシーで戻るはめになったということである。ホテルに戻る前に
駅前のしょぼくれたレストランで食事をして戻ったのだった。
                            [続く]

《オペラのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
膝話§二人旅一回目[24]ゲルトナー広場劇場 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる