ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 膝話§二人旅一回目[29]南回り再び〜成田へ

<<   作成日時 : 2009/04/17 07:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

成田行き南回りのルフトハンザは昼過ぎにフランクフルトを飛びたつ
が、フランクフルトの街散策をするような時間があるわけでもないの
で、朝食を済ませて荷作りが済むと、ホテルをチェックアウトして中
央駅からSバーンで空港に向かった。

昼前には荷物を預けて出発まで3時間ほどは空港内を持て余し気味に
うろうろするだけだった。ちょいと滑走路が見えそうなカフェで軽い
ランチを食べたが、注文した“卵スープ”には驚いた。濃いめのコン
ソメの中に半熟にもなっていない黄身が浮遊していたのである。西洋
人は生卵を食べないと聞いていたが、あれは例外だったのだろうか。

軽い昼食を済ませたところで出国カウンター向かい、その後は免税品
店でお世話になった人へのお土産を買ったりしてルフトハンザの搭乗
口に。再び気が遠くなるような南回りのフライトで成田に着いたのは
5月3日の午後、既に初夏の東京であった。

・・・こうして15日間の同居人との最初の旅は終わりを迎えるのだが
ガラス越しにこれから乗るDC10を眺めて考えたのは、今後はいつ来れ
るだろうかということだった。……休みが取れるだろうかとか、旅行
予算の工面といったことを取りとめもなく考えていたのだった。

その後“この次”が巡ってくるのは1987年のことになる。

我々にとっての旅は、旅ごとに経験したものを自らに取り込まれむこ
とで、その次の、そのまた次の旅行に反映されることが少なくない。
だからというわけではないが、むしろ旅行中に失敗したケースのほう
が先々の糧になってくれるのだ。
                         [索引に続く]

《オペラのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
膝話§二人旅一回目[29]南回り再び〜成田へ ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる