ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 顕話§ミュンヘン一週間[5]ミュンヘン到着

<<   作成日時 : 2009/04/28 08:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[承前]

フランクフルトでの荷物のピックアップと再チェックインもうまくい
ったところで小腹が空いた。出発ロビーを見回すと軽食を扱うインビ
スが眼についたのでホットドッグを一つ。これが夕食のようなもので
あった。

そしてミュンヘン行きに乗るべく国内線ターミナルに向かった。この
頃から少しばかり天気が怪しくなってきていたのである。フランクフ
ルトを離陸した頃は宵闇が迫りつつあったが、ミュンヘンに着陸する
時はほぼ暮れてきていた。厚い雲海を抜けて降下する時に、窓の外を
いくつもの激しい雷光が走った。地上に近づくにつれて雨脚も激しく
なってきて、けっこうガタガタと揺れつつ何とか着陸。

それはいいのだが、フィンガーではなくタラップを降りて空港建物に
走れというのだ。その距離およそ数十mといったところで、晴れてで
もしていればまだしも、これがもう土砂降りの夕立。まあ、必死にな
って濡れながら走りましたよ。最小限の被害とはいえけっこう濡れま
したな。この時以外にこういう目に遭ったことはないのだが、ドイツ
の空港だけのことではなく、どこでも沖止めの時はそんなものなのだ
ろうか。

我々は走ることができただけまだ“まし”だった。我々の後ろから降
りた老婦人などは走ることもままならず、雨に濡れるばかりだった。
傘の一本も用意していないという状況はサービスとかそれ以前の問題
であろうにと腹立たしさを覚えたのである。

到着していきなりの“洗礼”にもめげず、さっさと荷物をピックアッ
プしてタクシーに乗って市心に近いホテルにチェックインした。部屋
に落ち着き、風呂に入って長い一日の疲れを癒した後は物も言わずに
ベッドに潜り込んだのであった。
                            [続く]

膝話§二人旅一回目[終]おなじみ索引

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
顕話§ミュンヘン一週間[5]ミュンヘン到着 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる