響話§これもまたレッテル貼りのひとつ

客の入りこそ残念だったが、今回のドレスデン国立歌劇場管弦楽団の
評判は上々だったと思われる。シュターツカペレ・ドレスデン贔屓と
しては少しばかりほっとしてもいる。

旧東独のオーケストラということで、初来日の時期が確か1973年と、
西側のオケに比べてずいぶんと遅かった。その分知名度の上がるスピ
ードが遅くなってしまった。それで不本意ながらもベルリンフィルや
ウィーンフィルの後塵を拝する時期が長くなってしまったのだ。

そしてウィーンフィルやベルリンフィルのように、クラシックファン
以外にも知名度が高くて、そういう人達までも取り込むような状況に
なるまでには至っていない。ではあるが、今後も日本に演奏旅行に来
ていただきたいのだから、是非とも多くのSKDファンが日本に出現
してくれることを期待している。

・・・ベストセラーという現象が生じるのは、マニアに加えて元々は
興味のない人間にまで価値のあるものだと思わせられるかどうかとい
うことで、そういう意味でシュターツカペレ・ドレスデンはまだまだ
我々クラシック音楽好きの中だけの存在なのである。まだまだ世間の
レッテルが貼られてはいないのだ。

ところでこの間『シュターツカペレ・ドレスデン 奏でられる楽団史』
という大著を購入した。執筆したのは、このオケのコンサート・マネ
ージャーを務めていたエーバーハルト・シュタインドルフという人。
ご用とお急ぎでなく、しかも興味のある方は是非ご一読を。

《オーケストラのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック