顕話§ミュンヘン一週間[15]街歩き

[承前]

この旅行では、リンダーホフ城からツークシュピッツェという小旅行
以外には、あまりミュンヘンの街も歩いてはいない。昼飯もほぼ毎日
のようにビクトゥアリーエン市場でカジュアルに済ませていたくらい
だし。

初めてアルテピナコテークに行ってすっかり草臥れてしまった以外は
旧市内から外に出るということもなく、似たような場所ばかり歩いて
いたような気がする。

市場以外には市役所の裏手にある高級スーパーのダルマイヤーに行っ
てみたり、CDショップと書店、デパートといったあたりを冷かすの
がもっぱらな日常だったのだ。

記憶をたどってみると、市電にもSバーンにも乗ってはいなさそうな
のだ。この旅行の時の市内行動範囲は、市役所を中心にして500m
の半径に収まってしまうくらいのものだった。

それとビール好きを吹聴している割には、この時のビール行脚もお粗
末なもので、市内のビアガーデン巡りなどまったくしていないのだ。
というか、まだまだミュンヘンビールの知識情報が少なくて、呑んだ
銘柄もホフブロイハウスとレーヴェンブロイくらいのもので、白ビー
ルを呑んだものミュンヘン滞在の最終日だったりする。

白ビールについて何も知らなかったことをこの時に露呈したのだが、
マルクトの店で白ビールを頼んだら、瓶とグラスを渡されたのだが、
いつものビール注ぎの要領で勢いよくグラスに注いだら、白ビールの
ゆえに、普通のビールよりは泡の出が激しくて、あっという間にグラ
スから溢れさせてしまったのだ。

それを見ていた地元民が、わざわざ白ビールの注ぎ方を実演して見せ
てくれた。郷に入れば郷に従え・・・って微妙に違う。
                            [続く]

《ドイツビールのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック