顕話§ミュンヘン一週間[17]お買い物(上)

[承前]

この旅行では、いくつか自分達のための買い物をするためにあちこち
歩いている。

大きなものでは同居人のワンピースがある。火曜日に中華料理を食べ
た人が教えてくれた“L”という、ミュンヘンに昔からある洋品店に
行くと、いわゆる民俗衣装としての“ディルンドル”をアレンジして
いて着易そうなのを見つけた。

あまりにもガチなディルンドルではと躊躇していたが、こういうのな
ら日本に帰っても着れそうだというものだったのに加えて、僥倖にも
小さめのサイズがあったのだ。なかなかに品もよろしくて、オペラを
観に行く時とかに重宝していたようである。

次に、何を思ったかワインを持ち帰ろうと試みたのである。一人3本
までは非課税だから6本だと、市役所裏のダルマイヤーのワイン売場
に行って店員に、すっきりとした呑み口の白ワインをと所望すると、
値段を考えてもこのあたりがよかろうと、ラインガウのこれを薦めて
くれたのでこれも迷うことなく買ってしまった。

それはいいが、ミュンヘンからフランクフルトへはDBのインターシ
ティに乗ったりしたので、明らかに重くて余分な荷物を増やしてしま
ったのだ。

無事に我が家まで持ち帰ったものの、そのうちの3本はお土産として
人手に渡り、自分で呑んだのは3本であった。いい呑み口のワインで
もう一度呑む機会があるだろうか。

そんな中で、この旅行の時に自分のために買った土産がもう一点ある
のだが、それについては次回に。
                            [続く]

《ドイツのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック