週話§気まぐれ週末~時差ボケの軽重~

やれ戸外に出て太陽光を浴びるのがいいだとか、様々な時差解消法が
存在している。それはある程度の症状軽減でしかないということが、
自分自身としての結論である。とりあえず今回に関して要するに……

時間の経過を待つ

……それしかないということなのだ。何年か前の時差ボケなど、ベッ
ドから我が身をはがすようにして起きたことがあったりしたが、今回
は幸いにもそんなひどいことはない。昨日までで夜中に起きてしまっ
たというのもせいぜい一回かそんなものである。

いずれにしても人間個々の体調とか気象状況とか、様々な要因で時差
ボケの軽重に差が生じてくるような気がするのだが。ともあれ今回は
梅雨空で陽光を浴びたわけでもなかったのに、今までほどには重くな
く済んだのはありがたかった。

【去年の今日】街話§J街通信[43]カレーライスご飯少なめ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック