挽話§真夏の歌舞伎通い

7月は歌舞伎をパスしてしまったので、土日を持て余している。8月
は納涼歌舞伎だが、演目に新鮮味が欠けているような気がしないでも
ない。

この時期は何でもそうだが、特に劇場通いが億劫になってしまう。何
しろ暑いというのが歌舞伎座にたどり着くまでの大きな障害である。
それもまあ着いてしまえばどうということはなく、そのまま数時間ほ
どは劇場空間でのんびりと過ごすことができるのだが、問題は我が家
と劇場の行き来である。なんだかんだと最寄駅から電車で3回乗り換
えて銀座にたどり着く。

せめて2回くらいの乗り換えで銀座に行ければなあと、東京郊外の住
人は考えるのである。家を出る9時過ぎ頃には気温はけっこう上がっ
ていて、ちょうどいいバスがあればいいのだが、そうでないと15分ほ
どを駅まで歩かねばならず、そうすると駅に着く頃には汗が背中を伝
っているのだ。

というわけで、暑さもたけなわの八月納涼歌舞伎、チケットの発売も
始まっていたりもする。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック