週話§気まぐれ週末~巷に雨の降る如く~

戻り梅雨とでもいうのか、前線の活動が活発でよくもまあというくら
い雨が降ったりやんだり。

そういう時には必ずどこかで水の被害が発生する。これまでそんなこ
となどなかったのにという被害者の言葉もあって、だからいつ何時自
分達にも被害が降りかからないとは限らないのである。

我が家は高台に建つボロ団地だが、高台だからと安心などできない。
そもそも山を削って平らにしたところを造成しているので、水が上が
ってくる心配はないが、足元から崩れるという別の心配ごとがある。

【去年の今日】家話§バイロイト音楽祭2008開幕へ[下]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック