ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 欲話§懲りるとかそういった次元では

<<   作成日時 : 2009/07/29 07:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

いしいひさいちの四コマ漫画にこんなものがあった。

バイト君が清掃のアルバイトをしている事務所は、その日で閉鎖され
るのだった。どういう仕事かというと“マルチ商法被害者相談センタ
ー”とでもいうもので、後片付けをしている職員にバイト君が……

あ、被害者が少なくなって相談ごとも

少なくなったから店仕舞するんですね


と話しかけると……

いつになっても被害者が減らないから

……閉鎖するという答えだった。ことほどさようにというか、世にう
まい話などあるはずがないのに、マルチ商法だの有利な投資の勧誘は
後を絶たず、被害者が減っているとはとても思えない。

もちろん最大の前提は“騙す奴が悪い”に決まっているのだが、では
なぜそんなにも簡単に騙されてしまう人間が、世の中には数多く存在
しているのだろうと思うのである。そんなにも簡単に“洗脳”される
おもかと思う。そもそも、普通に常識のある人間だったら……

年利50%

……にもなる利殖法などあるはずがないことくらいはわかっている。
今時年に5%の利息すら受け取れないではないか。それこそ株だの相
場といった“ハイリスクハイリターン”な商品に自己責任で投資して
高い利率を期待するしかないのに、他人様の甘言に乗せられて虎の子
とかへそくり――それにしても貯め込んでいるものだとは思うが――
をあっさりと差し出してしまう人達の少なくないこと・・・。

繰り返すが、あくまでも悪いのは騙すほうであるという至極当たり前
の前提は厳として存在している。

【去年の今日】悼話§ホルスト・シュタインさん(指揮者)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
欲話§懲りるとかそういった次元では ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる