ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 貯話§生ハムが生ハムでは・・・

<<   作成日時 : 2009/08/13 07:43   >>

トラックバック 0 / コメント 0

生ハムが食卓にのぼる機会が多い。適度に塩気が強くて、ビールの肴
としては格好の存在で、我が家では生ハムに貝割れを添えて、和辛子
など少々。

それで肝腎の生ハムだが、おいそれと高いものを買うことなどせず、
マーケットで適当に見繕って買ってくるのを皿に並べるだけのこと。
我が家近くのマーケットにある“パルマ産プロシュート”50gでは、
あまりおいしいとはいえない。それでついつい、国産のどうでもいい
――早い話がどうみても生ハム風――に逃げてしまったりする。

確かにデパ地下あたりをうろつけば、けっこう新鮮なパルマ産だの、
スペインのハモンセラーノを手に入れることは簡単なことなのだが、
これがやっぱり高い……。以前、そんな超高いイベリコのハモンセラ
ーノを正月のおせち料理として買ったが、それこそ20〜30gのパック
が目玉の飛び出るような値段で、さらに不本意ながら個人的にはそこ
までうまいということがわからないので、二度と手を出していない。

ああ、もっと手軽にそこそこの生ハムを食ってみたいものだといつも
いつも思いながら、適当な生ハムで我が身をごまかしているのだ。

《ビールのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
貯話§生ハムが生ハムでは・・・ ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる