ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 希話§平和を求める以外の選択が・・・

<<   作成日時 : 2009/08/15 07:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

想像力があろうがなかろうが、体験をしていなかろうが、戦争という
状況は悲惨なものなのである。だから、歴史を謙虚に学ぼうとしない
人間は政治を司る資格などないのだ。

他者の痛みを感じ取ろうとしないから、世界のどこかで現実に起きて
いる戦争、あるいは内戦状態の報道に接しても、鈍感な人間の少なく
ないことに呆然とする。

少なくとも直接戦場へと駆り出されるのは、十代後半から三十代あた
りまでの成人男性である。ヴァーチャル画面での殺戮ゲームで感覚が
麻痺しているだろうが、実際に戦闘が始まればそんなお気楽なもので
ないことは瞬時に理解することができるだろう。そこで気がついても
遅いのだ。

日本国憲法第九条をもう一度読み返してみる……

1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、
国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争
を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持
しない。国の交戦権は、これを認めない。


付記:それにしても、我が国の象徴たる存在の長男一家、相変わらず
仕事をしない長男の嫁は、両親が終戦の追悼式典に出席しているのに
前々日から“静養”だそうである。出かけるなら8月16日以降という
心遣いすらできないとは……。


《戦争と平和のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
希話§平和を求める以外の選択が・・・ ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる