旨話§豚の生姜焼きである

えーと、神保町にある、某“キッチン南海”のしょうが焼き定食だが
店員が“プルプル一丁!”とか厨房に伝えている。出自は不明だ。

ということを踏まえて、とりあえず豚肉の生姜焼きは好きだ。ちなみ
に安っぽいのも少しぜいたくにロースを使ってのも、両方とも好きで
ある。

南海のしょうが焼きは、ばら肉と大量の玉葱を当店特製らしきジンジ
ャーソースで炒めて作り置きしてある。こういう料理は作り立てより
も少しばかり時間をおいたほうが味が定着すると思うのだがいかが?

翻って我が家の同居人特製生姜焼きは、歳も歳で量が食べられないの
だから、せめておいしい肉でと豚ロースを奮発しての一品。食べられ
ないとか言いながらも、こういう料理はビールも進むしご飯のおかず
にもなるという万能系だったりするのだ。同居人は、ぜいたくついで
にバターを最後に落として風味づけをするのだが、それって明らかに
カロリー・アップ! ですよね。

というわけで貧乏性なもんですからして、気のきいた洋食屋の厚めな
生姜焼きよりは、どちらかというと味の沁み込みやすい薄めのロース
肉でというほうがご飯のお友としてはお好みなわけであります。

《B級グルメのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック