惨話§醜悪~新国立劇場鳥瞰~

首都高速4号線を頻繁に利用してた時期がある。ちょうど新国立劇場
が建設中だった頃に重なっている。日々完成に向かって形が整えられ
る様子を車上から眺めながら複雑な気分になった記憶がある。

車から見下ろしながら、そして初台の駅から地上に出たところで見上
げ、やっぱりずいぶんな周辺環境だなあと暗澹とした気分にさせられ
るのだ。日本の伝統芸能の国立劇場の周辺環境とあまりにも違い過ぎ
るではないか。

いかに東京が窮屈な街であるという大前提があるにしても、曲りなり
に日本における最高峰――を目指す――国立のオペラハウスの正面を
高架の高速道路が走っているというのはいつになっても醜悪であると
しか思われず“西洋舞台芸術の殿堂”に対する扱いがこの程度のもの
かと寂しい思いも小さくはない。

そして近年は高速中央環状線が開通して、そのジャンクションがすぐ
横にできてしまったものだから、接続のための道路がさらに新国に向
かって侵出し、様相はさらに悪化しているのである。

と、ここまで書いて・・・ああ“日本国道路元標”が埋められている
日本橋のその上も高速道路が走っているのだと思い出したのだった。

《東京のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック